ユーグレナ・マイヘルス

- 未来の自分を健康にする -

『 解析結果について 』 内のFAQ

32件中 21 - 30 件を表示

3 / 4ページ
  • 日本人の遺伝情報に特化した解析とありますが、どのような点で特化しているので...

    遺伝子解析結果は、既出の研究報告を基にお客様の遺伝子情報と照らし合わせた健康リスクや体質の情報を提供しております。 日本人に特化している点としては、参照する研究報告において日本人集団を対象とした研究を優先している※点、また、各解析結果表示においては日本人の平均と比較した健康リスクや体質の情報を提供している点... 詳細表示

    • No:365
    • 公開日時:2022/02/18 00:00
    • 更新日時:2024/04/03 16:51
  • サプリメントなどの健康補助食品を服用していますが、解析結果に影響はありますか?

    健康補助食品の摂取が解析結果に影響することはありません。唾液を採取する前の 30分間 は、食事、飲酒、喫煙、ガム、歯磨きをお控えいただいておりますので、同様にお願いいたします。また念のため、口内に健康補助食品等が残っていない状態の時に唾液を採取してください。 詳細表示

    • No:340
    • 公開日時:2022/02/18 00:00
  • 解析結果のサンプル画面を見ることできますか?

    下記URLから無料会員登録をしていただき、マイページをご覧ください。https://myhealth.euglena.jp/ 詳細表示

    • No:367
    • 公開日時:2022/02/18 00:00
  • アンケートの回答内容は解析結果に影響しますか?

    ご回答いただきましたアンケートは、体質(ゲノム)と生活習慣と病気の発症の関係性を調べ、予防方法を見つけ出すためなど、 今後の研究開発の発展とサービスの向上のために用いられますので、今回の解析結果には影響いたしません。 なお、回答内容はすべてコンピューターで集計され、個人名の公表または個人名と紐付けての利用およびデ... 詳細表示

    • No:379
    • 公開日時:2022/02/18 00:00
  • 検査結果を英語で書いていただくことは可能でしょうか?

    誠に申し訳ございませんが、今のところ、英語での対応は行っておりません。 詳細表示

    • No:366
    • 公開日時:2022/02/18 00:00
  • Y染色体の祖先解析や項目はありますか?

    Y染色体を用いた解析結果は、祖先解析も含め以下の理由から現時点では提供を見合わせております。ご了承くださいませ。 ‐ 祖先解析においては、Y染色体のハプログループを用いた祖先解析よりもミトコンドリアDNAを用いた祖先解析の方が研究が活発であり、より精度の高い情報をご提供できる点 ‐ 男性にしか存在しないY染色... 詳細表示

    • No:1984
    • 公開日時:2023/08/25 14:58
  • 遺伝子マーカーとは何ですか?

    見た目や病気の罹りやすさなどに個人差がある理由には、環境要因のほかにDNAの違い(遺伝要因)があります。DNAはアデニン(A)、グアニン(G)、シトシン(C)、チミン(T)の4つの塩基が連なって構成されますが、人によって塩基の並びが異なる部分があり、このような個人差の目印になるDNA上の違いを「遺伝子マーカー」と... 詳細表示

    • No:369
    • 公開日時:2022/02/18 00:00
  • 成人であれば誰でも解析は可能ですか?

    骨髄移植、臍帯血移植など、造血幹細胞移植を受けた経験のある方は解析困難となる可能性があります。 当サービスでは唾液を使った方法での遺伝子解析を採用しておりますが、唾液中には主に口腔上皮細胞と白血球が含まれます。これらの細胞からDNAを抽出して遺伝子の解析に用いるため、造血幹細胞移植を受けた方が唾液を使った遺伝子... 詳細表示

    • No:1983
    • 公開日時:2023/08/25 14:55
  • 「データなし」 「データが取得できませんでした」と表示されています。これは...

    「データなし」「データを取得できませんでした」と表示されている場合は、該当項目の表示に必要な遺伝子型が判別できなかったことを意味しております。 弊社では独自に改良したDNAチップによる遺伝子解析を実施しており、ゲノム中の数十万ヶ所の遺伝子型のうち平均97%以上の判別が可能ですが、原理的に100%判別可能である技術... 詳細表示

    • No:349
    • 公開日時:2022/02/18 00:00
    • 更新日時:2023/06/13 15:21
  • 年齢が高いと遺伝子からわかる病気のリスクも高くなるのですか?

    当サービスで対象としている遺伝子情報は、基本的に生まれつきのもので生涯変わることはないと考えられています。このため解析をお受けになった年齢によってリスク値が高くなったり、低くなったりすることはございません。 詳細表示

    • No:352
    • 公開日時:2022/02/18 00:00

32件中 21 - 30 件を表示